みわまんの徒然発見記

~子育ても卒業し、仕事も終盤近い。でもまだまだ、未知ゾーンあり。 ~母、嫁,姑、娘、妻そして検査技師のいろんな顔を持つそんな私の田舎での暮らしの何気ない日々、新発見、新体験を綴って行きたいと思います。

闘病日記

抜釘退院してから2日目

無理せずにという事で、家では、コタツでごろ寝

それでも、夕飯作ったり、洗濯干したりまだ普通の歩き方ではないけど、

それなりに、できるものじゃ

火曜日の抜糸終了後はきっと元の体に戻ってるはず

チタンが入っていた時は、寒くなると神経痛のような重苦しさ

走ろうとすると、どうしても引きずる

怪我した方を下にして横になれない等等

今年の冬も大雪で寒さも厳しかった。少しの暖かい日差しとともに、私の足もやっとこさ自分のものに戻ります

二度の入院で患者目線で周りを見ることもでき、
私達職員も見直すべき点が多々あることに気づけた事にも感謝しています

さらに怪我をして大きな発見をしました

もうすぐ、定年を迎えようとしているこの齢になって、やっとこさ気づきました。

私達検査技師は直接患者さんと触れあう事の少ない職場

お礼を言われるのだけがやりがいのある仕事ではありません

検査技師だからこそ解る情報を伝え正確な仕事をすれば

患者さんには見えなくても、良い結果となって現れているはずです

私が就職する頃は縁の下の力持ち的な仕事として、扱われてきた中で

検査技師という職をもうすぐ終える前ではありますが、仕事に対する誇りとこの仕事してきてよかったと感じています

これがほんとの怪我の巧妙っていうですかね?

抜釘退院日

火曜日手術し、木曜日退院

水曜日の朝は何かにつかまらないと歩行できなかったのに、夕方にはびっこひきひきでも歩行可能

木曜の朝は傷の痛みもかなり取れ、朝シャンまでできるようになった。

もちろん痛め止めの薬を服用してるせいだろうが、

体って不思議だな。再生能力のすごさを実感

トイレに行く度に回復して痛みがなくなっているのがわかる

月曜日にはばっちり働けるど

皆様には不注意による事故で2度もお休みし、迷惑かけました、

あまりの苦しさに、後悔した時もあったけど、やってよかったと思ってます

これからは左を下にして横になれるし、なによりも体が元に戻ったようでうれしい

家族、職場の皆さん、看護婦さん、そして一番お世話になった心やさしい×住先生ありがとう

感謝感謝です

抜釘当日の夜

簡単に考えすぎてた手術

一年しかたっていないのに、思いの他

骨の再生だけは若かったらしくボルトにくっ付いてなかなかはずれなかったようであった

傷の痛さより、全身麻酔に負けたようで、酸素吸入の姿は(一応娘に写真とってもらったが)

家族も死ぬ時はこんな風になるのかと思っていたらしい

苦しいながら、あったかいハワイさ行きたいと何度もアピールしていた
(このときはもぞこいでいた訳ではなく故意にである)

ほとんど眠れない夜を越え、朝を迎える頃には、車椅子でトイレへ

痛みがあるが、足は軽くなったような気分

人によって麻酔の効き方は違うらしいが、部分麻酔の方が怖いけど、後を考えるといいかも

どっちにしろ、麻酔の比較する事態にならなければよいのがよりいいのはたしか

術後ってどうしてこんなに寒いのかな?

足は温かいよって旦那は言うけど、振るえる

手は確かに冷たいので、娘に手をにぎってもらいしばらく温めてもらう
(TVとかは、旦那が手をにぎり無事終わったよ、とか言う場面なのか?
娘の手の方がよかった私はおかしいのかな)

抜釘当日

いよいよ、14時点滴をぶら下げ、歩いて手術場へ

ちら見した血圧212/123に高上昇

腰椎からの痛め止め挿入の処置が痛すぎ

手術場の看護婦さんが優しい声で、痛かったら、私を掴んでいいですよ。

人の肌が触れ合う事ってこんなにも、安心感があるんだ。

手をにぎったり、背中をさすったりしただけで、勇気付けられる

今度誰かにそうしてあげよう

全身麻酔だから、簡単よの言葉を信じ臨んだのだが?

確かに腕から麻酔はいりますよ。の声が聞けたかと思いきや、

天井のライトがぼやけ始め、後は全く分からない

終わりましたよ。の次の声を聞いたのは、手術場を出るときでした

ぼーっとした意識の中で、抜いたボルトを見せられ、出ない声でありがとうを言うのが精一杯

うるうるした中でブログに又書きます等と、ここでいわなくてもいいようなことを口走ったのを覚えています

よかった、秘密などしゃべらなくて(例えばお金のありかとか、痔の話とか・・・・・・・)

大腿骨折からの脱皮

骨折から早一年
普段通りの生活ではあるが、まだどこかカネが入ってる気分で、本当ではない。抜くのならいましかない

といわけで今日入院明日手術

去年は、転んでから即手術という事で考える暇もなく 、終了したけど今回は準備良すぎて、怖い

完全復帰の為に頑張るぞ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ