みわまんの徒然発見記

~子育ても卒業し、仕事も終盤近い。でもまだまだ、未知ゾーンあり。 ~母、嫁,姑、娘、妻そして検査技師のいろんな顔を持つそんな私の田舎での暮らしの何気ない日々、新発見、新体験を綴って行きたいと思います。

2013年09月

車故障し悲しい別れメリー号

盛岡住んでる孫に会いたくて

主人とパジェロミニ(軽自動車)で出かけた

西和賀郡の沢内に入ったところで、急にアクセル踏んでも加速しなくなった。

ギヤを入れ替えたりしている内に動かなくなり、道路脇でエンスト

周りは田園風景、ガソリンスタンドも見当たらない

日曜日にも係わらず横手の自動車屋さんにきてもらいトラック搬送してもらった

トラック来るまでの一時間半

エンジンオイルが道路に流れている軽、こりゃいかん

12年もたっていたんだ、すべての私物を片付けながら配車を覚悟

雨でキレイになったパジェロが運ばれていった時は、まるでワンピースのメリー号との別れのシーンを思い出す

もっと洗車にしてやればよかった、とかこの車で山にいったけなとか

孫が心配して沢内まで顔を見せに来てくれました

IMG_0205

こんどはゆっくり遊びにいくね

娘のお供で米沢散策


戦国武将 前田慶次の生涯を閉じたといわれる米沢市

IMG_0197

雨の降りしきる堂森善光寺 私にはまるっきり理解できないが、

和尚さんがいうにはパチンコとかゲーム好きな人や歴女が訪れる隠れた有名な場所であるらしい

不思議な事に本堂の前で、庭を眺めていたら歌舞伎者と言われた慶次が立ってるような気がした

400年もたっているのに、慶次の会が供養しているとは魅力的な人だったのだろう

私はといえば米沢牛が食べたくて、ついていったようなものだが

IMG_0198

これです。とにかくおいしかった。遅い昼ごはんだったので夜は食べれない程

歴女の娘は、慶次の鎧にハイテンション

私は食べる事でハイテンション 

IMG_0202

ビックリドンキーから見た山形の空は高く、思わず撮ったけど

二人のドライブは楽しかったさ。いつまでこんな風にしていられるかな?

毎年恒例の大曲花火

花火で感動し涙する為、また一時間も歩き今年も行ってきました。

 よくもあきずにとは言えど、この距離を歩ける内は最期の夏を楽しもうと

家を出る時間が毎年早まるのは、どうしたものか

15時前には家を出、桟敷いついたのは16時すぎ

ツアー客の人達は桟敷で渡された弁当を、むしゃむしゃ

 はえーなと笑いながら横を通るけど、私達も到着後すぐ食事

今年の昼花火は30分開始を遅くしたらしく、太陽の日差しも落ちついた頃なのでゆっくり堪能



IMG_0187

何年ぶりかの雨にも降られても TVでは絶対満足できない特別な花火なのです。


秋田にいてよかった

IMG_0191



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ