みわまんの徒然発見記

~子育ても卒業し、仕事も終盤近い。でもまだまだ、未知ゾーンあり。 ~母、嫁,姑、娘、妻そして検査技師のいろんな顔を持つそんな私の田舎での暮らしの何気ない日々、新発見、新体験を綴って行きたいと思います。

のび太さんの一言

今日は簡単すき焼き

スーパーの袋2つ下げ大急ぎで帰宅

とにかく鍋だと煮てる間何か他の料理が出来るので簡単である

だが

のび太さん台所に来て言った一言

「また鍋か」

なんですと!!

そんなに嫌なら自分でこさえろや

こちとら、急いで帰ってきて食わせて頑張ってんのや

其処に娘が帰ってきてので

私:「ねえねえ聞いて のび太さんひどくね?」

またまたのび太さん攻撃パンチ

の:「そんな意味でいったんでねよ」

娘:「でました。いつもの言葉」

それでもお腹いっぱいに食べてるのはのび太さん

無視されたのび太さんはセキセイインコのチロちゃんと会話してました。


簡単ケーキと卵寒天

家で誰かの誕生日になると、手作りのいちごケーキを作るのが恒例

苺もスポンジも意外と陳列してない店が多い

ようやく見つけ、早いけど娘の誕生日のお祝いにと完成した。

しかし完成というほどの時間はかかってないのだ。約10分程度

こんなもので喜んでくれるとは、よかったす

DSC00850


写真みると、ぱらぱらに切った苺雑すぎ こんなもんですよ。性格でてますな


DSC00852

朝に作った卵寒天 
外気が寒いせいで冷蔵庫に入れなくてもお昼頃には食べれました
簡単で美味しいのでレシピ紹介します

(寒天は食物繊維がたっぷりなのでお通じに良いらしい)

①棒寒天を水たっぷりに1時間ほど浸す
②卵5個かき混ぜる+砂糖150g+牛乳180㏄+塩少々
③寒天を絞ってちぎり250ccの水で弱火で煮る、寒天が透明になるまでかき混ぜる
④②の内容を③に入れかき混ぜながら煮ていく
⑤沸々していくが更に熱加えると卵の塊が大きくなってくる
⑥熱加えるのを止める直前に50CCの水いれて、流す(終了)
焦がさないようずっとヘラでかき混ぜてるのが唯一のコツ

寝て曜日にするはずだったけど、もう一品りんご煮も作り
ケーキに寒天と3種類も出来ちゃいました
だれも褒めないけど、やる気さえあればこの位簡単です(うふふ)

ばしょ菜採り

明日は大雪の予報

休みはゆっくりと2度寝したいから、起きた人から勝手にご飯たべろ

とか思ってたけど、ばしょ菜が気になる

漬物は買ってたべた方が、美味いし安いと夕べ散々言っておきながら

ばあちゃんの指導受けながら
漬物樽に塩でおして菜がぐだっとなるまで漬けこむ作業をした。

3,4日すると量が半分以下になりそれから菜を洗いザラメと少しの塩で漬けこむらしい

雨が降っていても、然程冷たさは感じなくただ菜を捨てるのも惜しくて(意地汚いのか)

濡れながらも\(^_^)/って感じ

来年は1人でできるでしょうか
プロフィール

みわまん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ